介護保険制度について

介護保険制度とは 介護保険制度とは

介護保険制度とは、「介護を受ける人が介護の費用を負担する」ための「保険」となる制度であり、病気になった時の医療保険と同じように、将来介護を受ける時に困らないために保険をかける制度です。

例外はありますが、一般的には40歳以上の全ての方々が、被保険者(保険加入者)となります。加入者が保険料を負担し、「介護が必要」と認定されたとき、費用の一部(原則10%)を支払って介護サービスを利用することができます。

この介護保険制度は平成12年4月からスタートした制度で、お住まいの市区町村が介護保険の保険者となって制度を運営しています。これまでの制度と違い、老人福祉(市役所・町役場など)と老人医療(病院・診療所など)とで縦割りで行われてきた老人介護が一本化され、より分かりやすく、より利用しやすくなりました。

介護保険制度の被保険者(保険加入者)の範囲 介護保険制度の被保険者(保険加入者)の範囲

介護保険制度の被保険者(保険加入者)の範囲は下表のようになっています。

第1号被保険者 65歳以上の者
第2号被保険者 40~64歳の医療保険加入者
(医療保険者が医療保険料として徴収し、納付金として一括納付しているためです。)
医療保険に加入していない40~64歳の生活保護受給者や、身体障害者療護施設等の適用除外施設への入所者は被保険者の範囲外と定義されています。
介護サービスを利用することができる方(受給権者) 介護サービスを利用することができる方(受給権者)

第1号被保険者と第2号被保険者では、介護サービスを利用できる条件が異なります。

第1号被保険者 介護や支援が必要と認定されたときに、サービスを利用することができます。
第2号被保険者 特定の病気が原因で介護や支援が必要と認定されたときにサービスを利用することができます。
第1号被保険者と第2号被保険者いずれにおいても、介護サービスを利用するには要介護(要支援)認定を受ける必要があります。