介護サービスを利用するには

介護保険制度の介護サービスを利用するには、要介護認定(介護が必要な状態であるとの認定)を受ける必要があります。一般的には次のような流れで介護サービスの利用が開始されます。

(1)要介護認定の申請
足立区の介護保険課窓口、もしくは地域包括支援センターに要介護認定の申請書を提出してください。
地域包括支援センターは、お住まいの地区ごとに担当が決まっています。足立区の介護保険課に問い合わせると、担当の地域包括支援センターを教えてもらえます。
まずは、担当の地域包括支援センターに直接出向くか、もしくは電話にて、要介護認定の申請の手続きについて相談してください。
(2)訪問調査を受ける
申請書が受理されると、足立区の職員もしくは足立区から委託を受けた介護支援専門員(ケアマネジャー)が家庭まで訪問調査に伺います。心身の様子、食事や入浴などの日常生活の様子を面接調査します。
主治医には、心身の障害の原因となっている病気負傷に関する意見、医学的な管理の必要性などを書いていただきます。
(事前に、担当者から訪問調査の日時に関する連絡があります。希望の日時と場所を伝えてください。)
(3)審査・認定
一次判定と二次判定を経て、足立区が要介護度を認定します。認定の結果は申請から原則30日以内に、申請書に記入した住所宛てに郵送で届きます。

一次判定 聞き取り調査(認定調査)の結果や主治医意見書に基づくコンピュータによる判定
二次判定 一次判定結果や主治医意見書に基づく介護認定審査会による判定
介護保険では、要介護度に応じて受けられるサービスが決まっています。
受け取った認定通知書に記載されている要介護度区分(自立、要支援1~2、要介護1~5)と認定の有効期限について、よく確認してください。
(4)介護ケアプラン(介護サービス計画)の作成
要介護認定を受けた後、担当の介護支援専門員(ケアマネジャー)を決めます。担当の地域包括支援センターに問い合わせて、居宅介護支援事業所を紹介していただいてください。
ご本人とご家族の要望をもとに、どのようなサービスをどのくらいの頻度で利用する必要があるかなど、担当のケアマネジャーと相談しながら計画を立てていきます。
 ※弊社でも居宅介護支援(介護ケアプラン作成)を承っております。お気軽にご相談ください。 
(5)介護サービスの利用開始
介護ケアプラン(介護サービス計画)にもとづいて、さまざまな介護サービスを利用します。
 ※弊社でも訪問介護(介護ヘルパー派遣)を承っております。お気軽にご相談ください。